キャバ嬢を辞めた後に自分がやりたいことを、簡単に見つけられる3つのステップ

「やりたいことがない。なりたい職業なんてない。」

こんな風に思っている、キャバ嬢さんは少なくないはず。
もれなく私もそうでしたし、今まで相談に乗ってきたたくさんのキャバ嬢さんたちもコレと言った夢や目標、それに関わるような趣味などは特にない方がほとんどでした。

大きな夢や目標なんて誰もがあるものではない!

忙しい毎日の中で、仕事のノルマ、同伴やアフター、お客さんとの日常のLINEなどに追われ、目まぐるしく時間が過ぎ、夜遅くや朝方に寝て、起きたらまた出勤の準備…
この繰り返しの中で、自分のやりたいことや趣味、今後の夢や目標を考えるのは時間的にも気持ち的になかなか難しいと思います。
だからと言ってまとまった休みや、まとまった考える時間を取れないのが客商売ですよね。
休みの日もお店のことが気になったり、お客さんから連絡が来たり…
「お正月くらいしか安心した時間が取れない。」なんて方も多いかと思います。

そう!誰だってきっかけがないと、なかなか今の生活やキャリアの見直し、今後の人生設計、人間関係の悩みなどに時間を割いて向き合おうとは思えないもの。
今、こうやって「キャバ嬢、悩み」とか「キャバ嬢 辞めたい」などと調べてこちらのサービスに辿り着き、自分の人生について真剣に考えているあなたは、すでに第一歩を踏み出しているのです。
これは、みんななかなか出来ない第一歩です。まずは自分を褒めてあげてください。

 

自分のことをよく知れば、やりたい仕事やなりたい自分は、意外と簡単に見つけられると言える3つの理由

キャバ嬢を辞めて、「やりたいことや好きなことを見つけそれを仕事にする」というルートで考えていくと、「そんなのあったらやってるし、ここに相談してない!」「好きなことを仕事にしていける人なんてそうそういないよ…」と行き詰まってしまったりするもの。
私がオススメする考え方は「消去法で出来る事、自分に合ったことをまずは導き出す」と言う方法です。
  1. やりたくない・苦手なことを洗い出す
  2. すでに持っているスキルや強みを活かす
  3. 大きな意味でのやりたいことや、自分の信念を知る
好きな事をすることと、嫌なことをしないこと、得意なことを伸ばすことは、これらは実は似ています。
皆さんには、「明日の仕事嫌だなぁ。」と言う気持ちを今より感じないで働けるような、生きやすい毎日をまずは手に入れて欲しいと思っています。
その先に、将来やりたいことや、今後の夢ももっと具体的になるはずです!

例:カウンセラー花の場合

  1. 早起きはしたくない、週5は働きたくない
  2. カウンセリングの資格がある、キャバ嬢の相談に乗ってきた経験がある
  3. 人の役に立ちたい、規則に縛られないフリーランスで働きたい

このように①〜③を組み合わせた結果が、キャバ嬢専門カウンセラーでした。
やりたくないこと、自分のスキル、なりたいイメージを足して考えたものなので、迷いなくトライする事が出来、実際にすぐにこのサービスを始める事が出来ました。
やりたくないことはしなくて良いのだから頑張れる、自分で選んだから楽しめる、前の状態に戻らないために実行する。こんな感じで、キャバ嬢の頃よりは明日を迎えることが憂鬱ではなくなりました。

まとめ

このように働き方やキャリアは、考え方次第でいかようにも変えられます。
やり方がわからず動けずにいることも、このように一つずつ考え方からしっかりと取り組みめば簡単に方向性が決められます。
自分のことをしっかり理解し、今後の自分のためを考え、生活やキャリアを組み立てていけば、人生はもっと楽しく不安なく、切り開けるのです!

詳しくは、カウンセリング内で、上記の①〜③を、あなたに合う形で一緒に考えていきます。
人に話すことで、自分では気付かなかった特技や希望が見えて来ます。